Googleマップ活用法

海外でGoogleMap(グーグルマップ)”を使うには?

日本で毎日使っているGoogleMap(グーグルマップ)ですが、
海外でも使えますが日本のパケット定額プランは適用になりません。
そのまま使うと1日最大2,980円もかかります。
グローバルWiFiのWiFiレンタルを利用すると、1日の通信料は300円から。
オトクに海外でGoogleMap(グーグルマップ)を活用する方法をご紹介いたします。

海外で役立つ“GoogleMap(グーグルマップ)”の使い方

自分の位置がわかるから迷子になったらGoogleMapを見よう

画面真ん中の青い点は、GPSによって取得された現在位置です。青い点のまわりに薄い青の円が出る場合がありますが、これは現在位置の取得が完璧ではないためで、「薄青の円のどこかに自分がいる」という状態です。地図を起動している間は現在位置を取得し続けるため、自分が動くと青い点も動きます。

GoogleMap(グーグルマップ)で目的地までのナビができる

目的地までどのように移動すればいいかがルート表示されます。この場合、茶色のラインは電車のルート、青い点線は徒歩ルートとなります。

電車に強くなって行動半径が何倍にもなる

海外の電車は非常に安くて便利です。GoogleMap(グーグルマップ)には「路線図」という機能があって、「何線の何駅?」と分からない場合に使えます!「路線図」をONにすると、地図上の余計な情報が無くなって電車の路線と駅名表示に切り替わります。そして現在地付近の駅名をタップすると、「何線の何駅」と表示され、さらに別の駅名をタップすると、何分くらいで行けるか分かります。

出発前に行きたい場所を登録すると移動がスムーズに!

いろんな旅行プランを立てていると、あっちこっち行きたくなりますよね。そんな時に、いちいちガイドブックを見直すのではなく、あらかじめ行きたい場所をGoogleMap(グーグルマップ)に登録しておくと快適です!例えば、場所名を検索して登録したり、だいたいの場所をタップ(ホールド)して登録したりできます。

おすすめアプリ

LINE

LINE

LINEアプリをインストールしたスマートフォン同士で、無料の通話とテキストメッセージの送受信を可能にしたアプリです。


詳しい活用方法はこちら

instagram

instagram

アートフォトシェアのSNSアプリ。世界中の素敵な写真を撮ったら、好みの加工をしてすぐ共有できるアプリ。


詳しい活用方法はこちら

このページを共有する 

マイページからお申込み状況が確認や領収書の発行依頼ができます。

会員ログイン