フィンランドの国旗

フィンランド

Finland

このページでは過去のフィンランドの出入国状況や感染状況や現地の情報がご覧いただけます。
情報更新日: 2021年05月31日
(情報出典についてはこちらをご確認ください)

フィンランドの新型コロナ感染状況・死亡者数および街中の様子

フィンランドでは欧州の中でいち早くテレワークを導入し、労働者の約6割が、省庁では7割がテレワークを実施している。
また学校もオンライン授業にし、マスク着用の推奨など感染対策の措置を講じた。
しかし、2020年11月以降感染が広がり、12月上旬には1日の新規感染者が過去最高の800人を超えるなど急激に感染が拡大。
12月下旬より減少傾向にあったが、2021年1月に入り平均200人台で横ばいの状態。現在、平均115人の新規感染者が報告されており、ピーク時の16%に減少している。

2021年2月から拡大傾向に転じ、新規の感染者が急増し24日には590人に達してヘルシンキ首都圏での感染拡大に加え、各地域でも悪化した。
3月以降、感染者数は急増し、過去最大の感染拡大が起こっている。それを受け、緊急事態宣言を発令し感染拡大期と蔓延期にある地域の飲食店を一時的に営業停止となった。
4月に入り、感染者数は3月初旬に比べて減少してきたものの、ウーシマーおよび南西フィンランドを中心に感染者数が多い状態が続いている。

新型コロナウィルス感染者数
感染者数(累計)
92,488
新型コロナウィルス死亡者数
死亡者数(累計)
956

日次感染者数推移データ

※出典:ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)
最終更新日時: 2021年05月31日

フィンランドのみんなの旅行

あなたも#globalwifiをつけてInstagramに投稿しよう

Attention
/ 当サイトをご利用になる上での注意点

当サイト では、日本政府や各国政府、WHOや各機関からの様々な情報を独自で編集しております。情報は国ごとの政策や感染状況などの情勢により刻一刻と変化しております。なるべく最新情報に更新して参りますが、ご渡航の決定や航空券購入の際は、各国公的サイトや航空会社や旅行会社へご相談の上で行動されることをお勧めします。

また、例えば当サイト上で渡航が「可」でも新型コロナ以外の理由(紛争やテロ等)により渡航禁止であったり突然渡航延期勧告などが発令される場合もございますので、国ごとの最新渡航情報については外務省ホームページにて再度ご確認ください。万が一、当サイトの情報で出入国できないなどのトラブルがあっても当サイトでは一切責任を負いかねますので予めご了承ください。

3ヶ月予測は「新型コロナ × 海外旅行・海外出張情報サイト」 独自の見解・予測です。
各国への入国及び日本への出国・入国情報は、原則日本国籍の方を対象としております。予めご了承ください。

国旗

フィンランド

国旗

フィンランド