アイルランドの国旗

アイルランド

Ireland

このページでは過去のアイルランドの出入国状況や感染状況や現地の情報がご覧いただけます。
情報更新日: 2020年04月30日
(情報出典についてはこちらをご確認ください)

アイルランドの新型コロナ感染状況・死亡者数および街中の様子

アイルランドで最初の感染者が確認されたのは、2020年2月27日のこと。3月11日にはアイルランド共和国で初めての死者が出た。翌日3月12日に、政府がアイルランド国内の学校をすべて休校にする事を発表すると、一斉にアイルランド中のスーパーで買占め騒動が起きた。
しかし、この間もパブには毎晩多くの人々が集まり、人々が密集するイベントもロックダウンの前日まで続行されていた。多くの人々が密閉した空間に無防備で集まり、マスクやゴム手袋を着用する人もあまりいなかったので、感染が広がったことが考えられる。
アイルランドでは、新型コロナウイルスによる初めての死者が出た3月上旬頃から、ソーシャルディスタンスが推奨されてきたが、ほとんど守られている様子はなく、1日の新規感染者数が250人前後の日々が続いていた。
ロックダウン前日の感染者の合計は2,121人、そのうち医療従事者の感染が25%を越えていた。これらの状況を受けて3月29日、ロックダウンが実施された。このロックダウンは5月4日まで続けられ、以降は5段階の緩和ロードマップに従い生活が送られることとなった。

新型コロナウィルス感染者数
感染者数(累計)
20,612
新型コロナウィルス死亡者数
死亡者数(累計)
1,232

日次感染者数推移データ

※出典:ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)
最終更新日時: 2020年04月30日

アイルランドのみんなの旅行

あなたも#globalwifiをつけてInstagramに投稿しよう

Attention
/ 当サイトをご利用になる上での注意点

当サイト では、日本政府や各国政府、WHOや各機関からの様々な情報を独自で編集しております。情報は国ごとの政策や感染状況などの情勢により刻一刻と変化しております。なるべく最新情報に更新して参りますが、ご渡航の決定や航空券購入の際は、各国公的サイトや航空会社や旅行会社へご相談の上で行動されることをお勧めします。

また、例えば当サイト上で渡航が「可」でも新型コロナ以外の理由(紛争やテロ等)により渡航禁止であったり突然渡航延期勧告などが発令される場合もございますので、国ごとの最新渡航情報については外務省ホームページにて再度ご確認ください。万が一、当サイトの情報で出入国できないなどのトラブルがあっても当サイトでは一切責任を負いかねますので予めご了承ください。

3ヶ月予測は「新型コロナ × 海外旅行・海外出張情報サイト」 独自の見解・予測です。
各国への入国及び日本への出国・入国情報は、原則日本国籍の方を対象としております。予めご了承ください。

国旗

アイルランド

国旗

アイルランド