イスラエルの国旗

イスラエル

Israel

このページでは現在のイスラエルの出入国状況や感染状況、マスク着用の義務など現地の情報がご覧いただけます。
情報更新日: 2020年11月25日 13:16:44
(情報出典についてはこちらをご確認ください)

一部解禁
(厳しい規制)

現在の渡航状況レベル

一部解禁
(緩い規制)

3ヶ月後の渡航状況レベル
規制あり
海外からイスラエルへ入国 イスラエルへの入国

原則として外国人の入国は不可。
政府が認めた特段の理由がある者に関しては、イスラエルが定めるグリーン国(日本含む)からの入国は可能。
グリーン国から入国する全ての渡航者は、直近14日以内にレッド国に滞在していなければ隔離不要で、レッド国の空港で乗り継いだ場合も、12時間以内の乗り継ぎに限り隔離不要。

【日本から入国を希望する場合】
日本を含む「グリーン国」から渡航するビジネス関係者については、イスラエル入国の要望を次の条件付きで特別に受け付けることを開始した。
(日本国民がイスラエルに短期商用目的で渡航する場合ビザは不要)
・イスラエルの滞在期間は7日以内
・イスラエル側の受入れ企業があること
・新型コロナウイルス感染症治療をカバーする医療保険に加入し、加入証明をイスラエル到着時に提示できること

日本国民が短期ビジネス目的でイスラエルに入国する場合、ビザの取得は不要だが、日本からイスラエルへ短期ビジネス目的で渡航・入国を希望する場合、事前にイスラエル経済産業省ホームページに掲載されている申請書と、御自身の受入れを希望するイスラエル側企業が記入する申請書の2つを用意する必要がある。
イスラエル入国前の手続きはイスラエル側の受入企業が行うこととなっている為、同企業とよく調整を行う必要がある。

規制なし
イスラエルから海外へ出国 イスラエルからの出国

制限なし

規制あり
イスラエルから日本への入国 イスラエルから日本への入国

(1)全ての人にPCR検査が実施され、結果が出るまで自宅・空港内のスペース・検疫所が指定した施設等で待機。(到着から検査結果が判明して入国するまでの所要時間は検査方法により変わり、唾液検査を採用している空港であれば2~3時間、鼻咽頭ぬぐい液検査の場合は1~2日程度)
(2)検疫におけるPCR検査の結果が陰性でも、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機が必要。また保健所等による健康確認の対象となる。
(3)空港等からの移動も含め公共交通機関の使用不可。
(4)入国後に待機する滞在先と空港等から移動する手段について検疫所に登録が必要。

イスラエルでの滞在情報
イスラエル滞在情報テーブルのスクロール前アイコン
イスラエル滞在情報テーブルのスクロール後アイコン
マスク ソーシャルディスタンス 休業や設備稼働制限
マスク ソーシャルディスタンス 休業や設備稼働制限
ストリート 必 要 必 要 一 部
空港・駅 必 要 必 要 一 部
公共交通車内 必 要 必 要 一 部
ホテル 必 要 必 要 一 部
レストラン 必 要 必 要 一 部
カフェ 必 要 必 要 一 部
ナイトクラブ 必 要 必 要 あ り
    ✳︎ マスクやソーシャルディスタンスは緩い規制の国もあれば必須(不着用では入店できない事や逮捕・拘束)の場合もあります
    ✳︎ 休業については全業種・全店舗が対象という訳ではありませんのでご注意ください。
イスラエルの新型コロナ感染状況・死亡者数および街中の様子

イスラエルは2020年3月中旬以降、厳しい行動制限を課し感染拡大防止に努め、5月上旬には新規感染者数が少ない日が続いた。
現在は、強化措置および段階的な緩和措置がとられている。
【強化措置】
・制限区域の指定を拡大・合理化し、同区域内外への人の移動を厳格に管理。
・夜間外出禁止令を含め、オレンジ色の地域にも制限を課す。
・規制に反する者への罰金増額の立法措置を講じる。

【緩和措置】
①自宅から1㎞を超える外出禁止の解除
②顧客を受け入れない形での職場再開
③レストランの持ち帰り営業の再開
④0歳~6歳児向けのデイケアセンターと幼稚園の再開(保健省が承認する規則に従う)
⑤自然保護区、国立公園、海水浴場の開放
⑥エルサレムの嘆きの壁広場と聖墳墓教会の祈りの再開(保健省が承認する規則に従う)、神殿の丘(Temple Mount)の再開
⑦他人宅への訪問の禁止は、集会制限(下記⑧)を満たすことを条件として緩和
⑧集会は、屋外で20人まで、閉鎖空間で10人まで
⑨屋外に開けたショッピングセンターの営業を再開
⑩エイラートと死海の観光およびホテル業はGreen islands for tourism計画に基づいて再開

【その他の規制】
・会計士、弁護士、建築家、エンジニアなどのオフィスが業務を再開
・人と接触のある職業は規制されているが食料品、医薬品、その他必要不可欠なサービスを提供する店舗は営業
・レストランや食料店は配達サービスやテイクアウトで営業
・1対1の施術(理髪店・美容院、化粧品店など)、補完医療、核家族向けのB&B(ダイニングルームとプールを除く)の営業再開
・公式の国際試合を除き、あらゆるスポーツ部門の閉鎖

【公共交通機関】
・窓を開ける事ができるすべての車両は窓を開けたままの運行
・車内では飲食をしない
・タクシーの助手席は使用不可(乗車数の制限:運転手1人、2人の乗客)

【自家用車】
・乗客は最大3人の乗客(同じ住居に住む人々を除く)

新型コロナウィルス感染者数
感染者数(累計)
330,935
新型コロナウィルス死亡者数
死亡者数(累計)
2,822

日次感染者数推移データ

※出典:ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)
最終更新日時: 2020年11月25日 19:27:20

イスラエルのみんなの旅行

あなたも#globalwifiをつけてInstagramに投稿しよう

Attention
/ 当サイトをご利用になる上での注意点

当サイト では、日本政府や各国政府、WHOや各機関からの様々な情報を独自で編集しております。情報は国ごとの政策や感染状況などの情勢により刻一刻と変化しております。なるべく最新情報に更新して参りますが、ご渡航の決定や航空券購入の際は、各国公的サイトや航空会社や旅行会社へご相談の上で行動されることをお勧めします。

また、例えば当サイト上で渡航が「可」でも新型コロナ以外の理由(紛争やテロ等)により渡航禁止であったり突然渡航延期勧告などが発令される場合もございますので、国ごとの最新渡航情報については外務省ホームページにて再度ご確認ください。万が一、当サイトの情報で出入国できないなどのトラブルがあっても当サイトでは一切責任を負いかねますので予めご了承ください。

3ヶ月予測は「新型コロナ × 海外旅行・海外出張情報サイト」 独自の見解・予測です。
各国への入国及び日本への出国・入国情報は、原則日本国籍の方を対象としております。予めご了承ください。

国旗

イスラエル

国旗

イスラエル