リトアニアの国旗

リトアニア

Lithuania

このページでは現在のリトアニアの出入国状況や感染状況、マスク着用の義務など現地の情報がご覧いただけます。
情報更新日: 2020年11月24日 15:16:51
(情報出典についてはこちらをご確認ください)

一部解禁
(緩い規制)

現在の渡航状況レベル

制限なし

3ヶ月後の渡航状況レベル
規制あり
海外からリトアニアへ入国 リトアニアへの入国

日本を含むヨーロッパ以外の国からの渡航者の入国について、リトアニア政府は、EU理事会が定める「域外からの渡航制限緩和勧告リスト」(随時更新)に掲載されている国からであれば、入国を許可するとしている。
①入国前48時間以内に実施したPCR検査の陰性証明の提出が義務付けられている。(リトアニア入国後にも検査は可能だが、その場合、陰性証明が発行されるまでの間は自主隔離)
②陰性証明を提出した場合でも、到着後10日間は人との付き合いを控える、イベントや店、ミュージアム、飲食店など、人の集まる場所への出入りを控える、人と話すときには、マスクを着用し、ソーシャルディスタンスを確保することなどが推奨されている。
③国立社会保健センターへの登録が義務付けられている。

規制なし
リトアニアから海外へ出国 リトアニアからの出国

制限なし

規制あり
リトアニアから日本への入国 リトアニアから日本への入国

(1)全ての人にPCR検査が実施され、結果が出るまで自宅・空港内のスペース・検疫所が指定した施設等で待機。(到着から検査結果が判明して入国するまでの所要時間は検査方法により変わり、唾液検査を採用している空港であれば2~3時間、鼻咽頭ぬぐい液検査の場合は1~2日程度)
(2)検疫におけるPCR検査の結果が陰性でも、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機が必要。また保健所等による健康確認の対象となる。
(3)空港等からの移動も含め公共交通機関の使用不可。
(4)入国後に待機する滞在先と空港等から移動する手段について検疫所に登録が必要。

リトアニアでの滞在情報
リトアニア滞在情報テーブルのスクロール前アイコン
リトアニア滞在情報テーブルのスクロール後アイコン
マスク ソーシャルディスタンス 休業や設備稼働制限
マスク ソーシャルディスタンス 休業や設備稼働制限
ストリート 必 要 必 要 な し
空港・駅 必 要 必 要 な し
公共交通車内 必 要 必 要 な し
ホテル 必 要 必 要 一 部
レストラン 必 要 必 要 一 部
カフェ 必 要 必 要 一 部
ナイトクラブ 必 要 必 要 一 部
    ✳︎ マスクやソーシャルディスタンスは緩い規制の国もあれば必須(不着用では入店できない事や逮捕・拘束)の場合もあります
    ✳︎ 休業については全業種・全店舗が対象という訳ではありませんのでご注意ください。
リトアニアの新型コロナ感染状況・死亡者数および街中の様子

リトアニアでは2020年2月28日に初の感染者を確認。
9月から徐々に感染者が増え始め、10月半ばから急激に伸びている。
感染拡大防止のため、11月7日から11月29日まで、全土において検疫強化策が実施されている。
11月9日及び10日の保健大臣と国立社会保健センターの会見にて、デンマークで動物から人への感染が発生し、ウイルスの変異種が確認されたことを受けて、周辺諸国からの入国に関して隔離義務の適用を検討しているとのこと。
国内では、11月に入り高齢者の感染が大幅に増加しており、今後の医療体制が懸念されている。
政府は引き続き、感染症予防のために、手洗い、うがい、公共交通機関の利用や人込みを避けること、咳や発熱の症状のある人との接触を避けことなど、基本的な対策を続けることの重要性を呼びかけている。

現在の主な制限は以下の通り。

(1)イベント
屋内外の公共の場で行われる全ての営利、非営利イベント(文化、娯楽、スポーツイベント、マーケット、フェスティバルなど、事前に日時を告知して公共の場所に人が集まる行事)を禁止する。
例外:無観客で行われるハイレベルなスポーツ大会、葬儀(家族、葬儀業者を除く参列者10人以下で実施)
個人宅などで行われる祝い事も実施しないことを推奨する。実施する場合でも、参加者は10以下とし、マスクを着用すること。

(2)飲食店(レストラン、カフェ、バー、ナイトクラブなど)
飲食店、ゲームセンターや賭場などの娯楽施設の営業を禁止する。
例外:テイクアウト、宅配サービスは可。交代制で稼働する施設内の食堂も運営可。

(3)マスク
6歳以上の者には、全ての公共の場におけるマスクの着用を義務づける。
例外:運動中、ハイレベルなスポーツ大会の出場者、マスクを外さないと提供できないサービスを受ける時、健康上の理由でマスクができない場合(フェイスシールドを推奨)
マンションなどの共用スペースでもマスクを着用すること。
個人宅でのパーティーなどで家族以外の人と接する時でもマスクを着用することを推奨する。

(4)国内移動
公共の場において、家族以外の人と行動する場合5人以下で行動すること。他人、他グループとのソーシャルディスタンスは2m。
公共交通機関では、1mのソーシャルディスタンスを確保し、全員着席とする。
不要不急の外出、移動は控えることを推奨する。外出は、仕事や買い物、診療などに限ることを推奨する。
家族以外との接触は控えることを推奨する。接触する場合でも2家族以下とし、マスクを着用する。

(5)公共・民間セクター
公共セクターにはリモートワーク、またはリモートと出勤のミックスを義務づける。民間セクターでもリモートワークを推奨する。
店、ショッピングセンター、市場などでは、顧客1人につき10平方メートルのスペースを確保し、保健大臣が定める人数制限、ソーシャルディスタンス、公衆衛生、安全諸対策を遵守の上、営業すること。サービス提供施設も同様。
宿泊施設は、1部屋の宿泊人数を2人以下とする。共用スペースでのマスク着用、ソーシャルディスタンスほか、安全諸対策を遵守の上営業すること。
保養サービスを提供するセルフケアセンターの業務を禁止する。
文化、余暇、娯楽、スポーツ施設への訪問、接触型サービスの提供を禁止する。プロスポーツ選手の練習や、専門のトレーナーによる個人トレーニング、図書館業務は、安全諸対策を遵守の上行うことを許可する。

(6)教育
幼稚園、小学校、特別支援学校は通常通り運営される。中高教育はリモートもしくはリモートと通学のミックスで行われる。
大学、職業専門学校も、原則リモートで授業を行う。
習い事などの非公式教育は、大人向けも子供向けもオンラインで行うか原則停止とする。

(7)医療
お見舞いの禁止(例外規定あり)
来院者数をコントロールし、医師は患者の状態に合わせてリモート診察とするか対面式診察とするか判断する。
歯科サービス、妊婦健診、新生児検診、予防接種、予防検診プログラムなどは、対面式診察とし通常どおり行われる。

(8)入国
国境管理は引き続き制限。
11月9日に発表された規制によると、日本はEUの渡航制限緩和勧告リストに掲載されているため、原則入国可能だが、入国前48時間以内に実施したPCR検査の陰性証明の提出と、国立社会保健センターへの登録が義務とされている。
その他の国においても、EU理事会が定める「域外からの渡航制限緩和勧告リスト」に掲載されている国からであれば入国を許可するとしており、入国前48時間以内に実施したPCR検査の陰性証明の提出や到着後10日間は人との付き合いを控える、イベントや店、ミュージアム、飲食店など、人の集まる場所への出入りを控える、人と話すときには、マスクを着用し、ソーシャルディスタンスを保持することなどが推奨されている。

新型コロナウィルス感染者数
感染者数(累計)
47,047
新型コロナウィルス死亡者数
死亡者数(累計)
386

日次感染者数推移データ

※出典:ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)
最終更新日時: 2020年11月23日 19:25:26

リトアニアのみんなの旅行

あなたも#globalwifiをつけてInstagramに投稿しよう

Attention
/ 当サイトをご利用になる上での注意点

当サイト では、日本政府や各国政府、WHOや各機関からの様々な情報を独自で編集しております。情報は国ごとの政策や感染状況などの情勢により刻一刻と変化しております。なるべく最新情報に更新して参りますが、ご渡航の決定や航空券購入の際は、各国公的サイトや航空会社や旅行会社へご相談の上で行動されることをお勧めします。

また、例えば当サイト上で渡航が「可」でも新型コロナ以外の理由(紛争やテロ等)により渡航禁止であったり突然渡航延期勧告などが発令される場合もございますので、国ごとの最新渡航情報については外務省ホームページにて再度ご確認ください。万が一、当サイトの情報で出入国できないなどのトラブルがあっても当サイトでは一切責任を負いかねますので予めご了承ください。

3ヶ月予測は「新型コロナ × 海外旅行・海外出張情報サイト」 独自の見解・予測です。
各国への入国及び日本への出国・入国情報は、原則日本国籍の方を対象としております。予めご了承ください。

国旗

リトアニア

国旗

リトアニア