ご意見箱
マレーシアの国旗

マレーシア

Malaysia

このページでは現在のマレーシアの出入国状況や感染状況、マスク着用の義務など現地の情報がご覧いただけます。
情報更新日: 2022年12月01日 15:38:28
(情報出典についてはこちらをご確認ください)

制限なし

現在の渡航状況レベル

制限なし

3ヶ月後の渡航状況レベル
規制なし
海外からマレーシアへ入国 マレーシアへの入国

観光・ビジネス目的での入国可能
2022年8月1日以降、ワクチン接種有無に関わらず入国規制が緩和。
入国時のビザは必要。

▼8月1日以降に不要となったもの(ワクチン接種は関係なし)
・「Pre Departure Form」の記入(トラベラーズカードの発行)
・出国前検査
・入国後検査
・入国後隔離

▽入国に必要なもの
・追跡アプリ「My Sejahtera」のダウンロードと渡航情報の登録(名前、パスポート番号等)


海外旅行保険(治療費、入院費などコロナ関連費用を2万米ドル以上補償するもの)の加入は必須とはなっていないが、加入しておくことを推奨。

続きを読む

規制なし
マレーシアから海外へ出国 マレーシアからの出国

規制なし

続きを読む

規制なし
マレーシアから日本への入国 マレーシアから日本への入国

▼国籍を問わず海外から日本へ入国する場合

・陰性証明書の提出
ワクチンの接種証明書(3回)を所持している方は陰性証明書は不要、所持していない方は、出国前72時間以内に受けた検査の陰性証明書が必要となる

有効なワクチン接種証明書または検査証明書のいずれも提示できない方は、検疫法に基づき、原則として日本への上陸が認められない
検査証明書の取得が困難かつ真にやむを得ない場合には、出発地の在外公館にご確認ください

・Visit Japan Webを利用し、事前にファストトラックを済ませることで、入国時の検疫・入国審査・税関申告をスムーズに入国が可能
(MySOS ファストトラック機能が11月13日で終了となり、以降、Visit Japan Webに完全移行される)
利用空港:成田国際空港・羽田空港・関西国際空港・中部国際空港・福岡空港・新千歳空港・那覇空港
https://vjw-lp.digital.go.jp/

・入国時検査の実施を停止
入国後の自宅または宿泊施設での待機、待機期間中のフォローアップ、公共交通機関不使用等を求めない事となる
※新型コロナウイルスへの感染が疑われる症状がある帰国者・入国者を除く

続きを読む

マレーシアでの滞在情報
マレーシア滞在情報テーブルのスクロール前アイコン
マレーシア滞在情報テーブルのスクロール後アイコン
マスク ソーシャルディスタンス 店舗休業と施設制限
マスク ソーシャルディスタンス 店舗休業と施設制限
ストリート 不 要 不 要 な し
空港・駅 必 要 不 要 な し
公共交通車内 必 要 不 要 な し
ホテル 不 要 不 要 な し
レストラン 不 要 不 要 な し
カフェ 不 要 不 要 な し
ナイトクラブ 不 要 不 要 な し
    ✳︎ マスクやソーシャルディスタンスは緩い規制の国もあれば必須(不着用では入店できない事や逮捕・拘束)の場合もあります
    ✳︎ 休業については全業種・全店舗が対象という訳ではありませんのでご注意ください。
マレーシアの新型コロナ感染状況・死亡者数および街中の様子

2022年3月に1日3万人を超える感染者が出て以降、新規感染者数は減少傾向にあり、現在は1日2,600人程。
これまでの感染者数は499万人、死者は3.6万人。

マスク着用は以下の場合に義務が残っている。他は任意。
・陽性者が健康評価のためにコロナ評価センターに来館する場合
・公共交通機関を利用する場合
・病院等の医療施設を利用する場合

マレーシア:新型コロナ 各地域(州・地域・市)ごとの規制詳細

▼国家回復計画(FMCO)
〇対象地域
なし

〇主な規制(SOP)
<移動制限>
・州・地区間移動禁止。
・1家庭で1人まで食料品、薬品、栄養補助食品、生活必需品の購入のための外出を許可。
・医療(PCR検査を含む)と緊急の場合の外出は近隣に限定して可。
・タクシーとe-hailingは運転手を含めて2名のみ乗車可能。
・バス、高速バス、LRT、MRT、ERL、モノレール、フェリー等の陸上・海上公共交通機関は、50%まで乗車容量で営業可能。
・ワクチン接種のための移動は、接種日を証明する書類があれば許可。
・午後8時以降の外出自粛。

<店舗等の制限>
午前6時から午後10時まで営業可能。
・レストラン、飲食店、屋台、フードトラック、フードコート、キオスク等
※テイクアウト、ドライブスルー、宅配のみ。店内飲食は不可。
・ペット用品、食料品店、薬局
・映画館、ドライブイン映画館は定員の50%まで。

<営業禁止>
・商業施設(ショッピングモール、スーパーマーケット、商店、百貨店内の食料品店、生活必需品、パーソナルケア、薬局、コンビニ、ミニマート、テイクアウトや宅配が可能なレストランが設置されている場所は営業を許可。)
・ファーマーズマーケット、ナイトマーケット等
・インターネットカフェ
・数字選択式宝くじ、競馬、カジノ
・スパ、リフレクソロジー、マッサージ、ビューティーサロン、ペディキュア、マニキュアサービス
・衣料、ファッション、装飾店
・スポーツ、レクリエーション施設

●第2段階
移行の条件
・1日の平均新規感染者が4,000人を下回ること。
・ICU病床使用率が妥当な程度に回復し、公衆衛生システムが危機的な状況から脱すること。
・人口の10%が2回のワクチン接種を完了。
〇対象地域
対象なし

〇主な規制(SOP)
・経済活動は段階的に許可、最大80%の従業員の就業を許可。
・社会活動および州をまたぐ活動は禁止。
・書籍、文房具店、コンピューター、電気通信、電気製品の店舗は営業可。
・理髪店(基本的な散髪サービスのみ)は営業可。
・ファーマーズマーケット、朝市(午前7時から午前11時まで可)

●第3段階
移行の条件:1日の平均新規感染者が2,000人を下回ること。
・ICU病床使用率が十分に回復し、公衆衛生システムが安心できる状況になること。
・人口の40%が2回のワクチン接種を完了。
・第2段階と同様最大80%の従業員の就業を許可。
・教育を含む社会活動やスポーツ活動が段階的に許可。

【ワクチン接種未完了者】
・屋内でのスポーツ・レクリエーション活動の禁止(屋外かつ非接触型の個人活動は引き続き可能)
・対面での会議(セミナー、公式イベント等を含む)の禁止(検査キットによる自己検査について主催者または医師の確認を受ければ可能)
・このほか、店内での飲食等、ワクチン接種完了者のみに認められる

〇対象地域
・サラワク州(南部エリアを除く)
・クランタン州

●第4段階
移行の条件:1日の平均新規感染者が500人を下回ること。
・ICU病床使用率が十分に回復し、公衆衛生システムが安全な状況になる。
・人口の60%が2回のワクチン接種を完了。
・全ての経済分野の操業が許可され、より多くの社会活動を許可。州をまたぐ旅行が許可され、厳しいSOPの下で国内旅行も許可。

・屋内でのスポーツ・レクリエーション活動の禁止(屋外かつ非接触型の個人活動は引き続き可能)
・対面での会議(セミナー、公式イベント等を含む)の禁止(検査キットによる自己検査について主催者または医師の確認を受ければ可能)
・このほか、店内での飲食等、ワクチン接種完了者のみに認められる
・第四段階対象地域間の州間移動は可能。ただし、ワクチン接種証明書に加え、警察署の許可も必要


〇対象地域
・ラブアン
・ヌグリ・スンビラン州
・パハン州
・マラッカ州
・スランゴール州、クアラルンプール、プトラジャヤ
・ジョホール州
・トレンガヌ州
・ペルリス州
・ペラ州
・ペナン州
・サバ州
・ケダ州

*ただし、ある段階から次の段階へ移行する決定は、マレーシア保健省によるリスク評価に基づく。評価は、日々の症例の変化、新型コロナウイルス感染者を治療できる全国の病院の能力に基づいて行われる。


▼強化された活動制限令(EMCO)
〇対象地域
なし

〇主な規制(SOP)
<移動制限>
・州・地区間の移動は原則禁止。
・対象地域の住民は自宅からの外出は原則禁止、非居住者または訪問者の対象地域への立ち入りも不可(病気や死亡等の緊急時は対象地域を出ることが許可されるが、警察に許可申請を行う必要がある)

<店舗等の制限>
・食料や生活必需品は基本的に配給となる。
・建物内の(生活必需品を販売する)小売店以外は全ての営業活動を停止。


▼活動制限令(MCO)
〇対象地域
なし

〇主な規制(SOP)
<移動制限>
緊急、健康、仕事、経済活動、ワクチン接種の予約がある場合、および遠距離の夫婦を除き、地区間および州間移動を禁止。

<店舗等の制限>
・営業時間午前8時から午後8時
食堂、屋台、移動式屋台、ホーカー、キヨスク、ドライブスルー、デリバリー、食料品店、デパート、生活用品販売店販売店、ペットショップ、ガソリンスタンド(高速道路のガソリンスタンドを除く)、コインランドリー、メガネ店、洗車店、理容室および美容室
・公共交通機関は定員の50%で運行。

▼条件付き活動制限令(CMCO)
〇対象地域
なし

〇主な規制(SOP)
<移動制限>
・同一のCMCO対象地域内の移動は許可。
・異なるCMCO対象地域、MCO、EMCO対象地域への移動は警察の許可が必要。

<店舗等の制限>
・スーパーマーケット、ショッピングセンター、小売店(午前6時から午前0時まで)
・レストラン、ショップ、屋台、フードトラック、フードコート、キオスク、食料品店、コンビニエンスストア(午前6時から午前0時まで)

新型コロナウィルス感染者数
感染者数(累計)
5,003,557
新型コロナウィルス死亡者数
死亡者数(累計)
36,732

日次感染者数推移データ

グラフ上の閲覧したい期間をカーソルでタップして囲む事で拡大できます

※出典:ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)
最終更新日時: 2022年12月06日

マレーシアのみんなの旅行

あなたも#globalwifiをつけてInstagramに投稿しよう

Attention
/ 当サイトをご利用になる上での注意点

当サイト では、日本政府や各国政府、WHOや各機関からの様々な情報を独自で編集しております。情報は国ごとの政策や感染状況などの情勢により刻一刻と変化しております。なるべく最新情報に更新して参りますが、ご渡航の決定や航空券購入の際は、各国公的サイトや航空会社や旅行会社へご相談の上で行動されることをお勧めします。

また、例えば当サイト上で渡航が「可」でも新型コロナ以外の理由(紛争やテロ等)により渡航禁止であったり突然渡航延期勧告などが発令される場合もございますので、国ごとの最新渡航情報については外務省ホームページにて再度ご確認ください。万が一、当サイトの情報で出入国できないなどのトラブルがあっても当サイトでは一切責任を負いかねますので予めご了承ください。

3ヶ月予測は「新型コロナ × 海外旅行・海外出張情報サイト」 独自の見解・予測です。
各国への入国及び日本への出国・入国情報は、原則日本国籍の方を対象としております。予めご了承ください。

国旗

マレーシア

国旗

マレーシア