ご意見箱
台湾の国旗

台湾

Taiwan

このページでは現在の台湾の出入国状況や感染状況、マスク着用の義務など現地の情報がご覧いただけます。
情報更新日: 2022年12月07日 13:15:06
(情報出典についてはこちらをご確認ください)

一部解禁
(緩い規制)

現在の渡航状況レベル

制限なし

3ヶ月後の渡航状況レベル
規制あり
海外から台湾へ入国 台湾への入国

観光・ビジネス目的での入国可能
入国後の隔離は廃止、7日間の自主防疫を必要とする
自主防疫期間中の滞在場所は「1人1室」を原則とする(一般ホテルに宿泊可)

続きを読む

規制なし
台湾から海外へ出国 台湾からの出国

制限なし
ワクチン接種を行った接種証明書の提示で72時間以内PCR検査の陰性証明書は不要

続きを読む

規制なし
台湾から日本への入国 台湾から日本への入国

▼国籍を問わず海外から日本へ入国する場合

・陰性証明書の提出
ワクチンの接種証明書(3回)を所持している方は陰性証明書は不要、所持していない方は、出国前72時間以内に受けた検査の陰性証明書が必要となる

有効なワクチン接種証明書または検査証明書のいずれも提示できない方は、検疫法に基づき、原則として日本への上陸が認められない
検査証明書の取得が困難かつ真にやむを得ない場合には、出発地の在外公館にご確認ください

・Visit Japan Webを利用し、事前にファストトラックを済ませることで、入国時の検疫・入国審査・税関申告をスムーズに入国が可能
(MySOS ファストトラック機能が11月13日で終了となり、以降、Visit Japan Webに完全移行される)
利用空港:成田国際空港・羽田空港・関西国際空港・中部国際空港・福岡空港・新千歳空港・那覇空港
https://vjw-lp.digital.go.jp/

・入国時検査の実施を停止
入国後の自宅または宿泊施設での待機、待機期間中のフォローアップ、公共交通機関不使用等を求めない事となる
※新型コロナウイルスへの感染が疑われる症状がある帰国者・入国者を除く

続きを読む

台湾での滞在情報
台湾滞在情報テーブルのスクロール前アイコン
台湾滞在情報テーブルのスクロール後アイコン
マスク ソーシャルディスタンス 店舗休業と施設制限
マスク ソーシャルディスタンス 店舗休業と施設制限
ストリート 不 要 必 要 な し
空港・駅 必 要 必 要 一 部
公共交通車内 必 要 必 要 一 部
ホテル 必 要 必 要 一 部
レストラン 必 要 必 要 一 部
カフェ 必 要 必 要 一 部
ナイトクラブ 必 要 必 要 あ り
    ✳︎ マスクやソーシャルディスタンスは緩い規制の国もあれば必須(不着用では入店できない事や逮捕・拘束)の場合もあります
    ✳︎ 休業については全業種・全店舗が対象という訳ではありませんのでご注意ください。
台湾の新型コロナ感染状況・死亡者数および街中の様子

2021年11月に入り、1日あたりの新規感染者数は増加傾向となり、僅かであるが増加を続けている。11月には新規感染者の7日日の平均値が4、5人であったが、現時点では1日の新規感染者は2.4万人前後で感染ペースは減少傾向にある。5月には新規感染者数が12万人を超える日も出ている。現状の行動制限レベルは2の状態。
2022年9月29日から空港到着時のPCR検査をやめて、1週間あたりの入境者数の上限を5万人から6万人に引き上げる。
2022年10月13日から入境者数の上限を6万人から15万人と大幅に引き上げる。また隔離検疫を廃止し、7日間の自主防疫のみとなる見込み。


▼警戒レベル2の関連措置は以下
・営業場所および公共エリアでは体温を測り、周辺環境の消毒を強化し、従業員の健康管理を行い、感染事案が確認された場合は、迅速に対応する
・高速鉄道、鉄道、長距離バス、船舶(固定の飲食エリアを除く)、国内航空路線では、車内(車両、船、航空機)での飲食を禁止
・店舗、スーパーマーケット、市場などの室内スペースでは2.25平方メートル当たり1人まで、室外スペースでは1平方メートルあたり1人まで
・接待サービスを伴う合法的なレジャー娯楽施設については、以下を満たす場合は営業可能
①体温の測定、飲食時の例外的な状況を除き、マスクを着用、従業員の健康管理、風通しを良くする、消毒設備を整え、少なくとも毎日2回は周辺環境と物品の消毒を行う。
②従業員のワクチン接種と検査
少なくともワクチンの1回目接種を受け14日を経過していること、サービス開始前には、直前3日以内に行った抗原スピード検査(家庭用簡易検査)またはPCR検査の陰性証明を提出
③申請の提出および地方政府による承認
飲食の提供、民間療法、美容・ボディケア、視聴歌唱などのサービスまたは営業を行う場合は関連のガイドラインに基づいて個別に手続する必要がある
④事業再開後の管理
ワクチンの2回目接種から14日が経っていない従業員は、毎週1回、抗原スピード検査(家庭用簡易検査)またはPCR検査を実施、会場・店舗に入る客は、少なくともワクチンの1回目接種を受けた証明書の提示


マスク着用に関しては別途下記内容で制限されている。

・例外的な状況でマスクを外す場合を除き、外出時は全行程でマスクを着用しなければならない。
①歌唱時はマスクを着用しなければならない。
②以下の場合はマスクを着用しなくてもよいが、関連症状が出た場合やソーシャルディスタンスが保てない場合はマスクを着用しなければならない。
1.室内外での運動、歌唱
2.室内外での写真撮影(個人/団体)
3.自分の車を運転し、車内の同乗者が同居家族である場合、また、同乗者がいない場合。自転車やオートバイ乗車時、屋外の開けた場所での仕事時。
4.ライブ放送、ビデオ撮影、司会、レポート、スピーチ、講演、講義など会話や談話に関する業務や活動の正式な撮影や進行
5.農林水産業、牧畜の労働者の野外(畑、養魚場、山林等)での労働
6.山林(森林レクリエーションエリアを含む)やビーチでの活動
7.温泉、冷泉、ドライタイプのサウナ、スパ施設、サウナ、スチームルーム、ウォーターアクティビティなど、マスクが濡れやすい場合
③外出時に飲食が必要な場合はマスクを着用しなくてもよい。
④指揮センターや所管機関が指定する場所や活動(アートパフォーマンス、制作、TVショー、試合中のスポーツ・競争の選手等)において、関連防疫措置が取られている場合には、一時的にマスクを外すことができる。
・高速鉄道、鉄道、長距離バス、船舶(固定の飲食エリアを除く)、国内航空路線での、車内(車両、船舶、航空機)飲食が可能となる。

新型コロナウィルス感染者数
感染者数(累計)
8,395,477
新型コロナウィルス死亡者数
死亡者数(累計)
14,522

日次感染者数推移データ

グラフ上の閲覧したい期間をカーソルでタップして囲む事で拡大できます

※出典:ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)
最終更新日時: 2022年12月06日

台湾のみんなの旅行

あなたも#globalwifiをつけてInstagramに投稿しよう

Attention
/ 当サイトをご利用になる上での注意点

当サイト では、日本政府や各国政府、WHOや各機関からの様々な情報を独自で編集しております。情報は国ごとの政策や感染状況などの情勢により刻一刻と変化しております。なるべく最新情報に更新して参りますが、ご渡航の決定や航空券購入の際は、各国公的サイトや航空会社や旅行会社へご相談の上で行動されることをお勧めします。

また、例えば当サイト上で渡航が「可」でも新型コロナ以外の理由(紛争やテロ等)により渡航禁止であったり突然渡航延期勧告などが発令される場合もございますので、国ごとの最新渡航情報については外務省ホームページにて再度ご確認ください。万が一、当サイトの情報で出入国できないなどのトラブルがあっても当サイトでは一切責任を負いかねますので予めご了承ください。

3ヶ月予測は「新型コロナ × 海外旅行・海外出張情報サイト」 独自の見解・予測です。
各国への入国及び日本への出国・入国情報は、原則日本国籍の方を対象としております。予めご了承ください。

国旗

台湾

国旗

台湾