ご意見箱
ウルグアイの国旗

ウルグアイ

Uruguay

このページでは現在のウルグアイの出入国状況や感染状況、マスク着用の義務など現地の情報がご覧いただけます。
情報更新日: 2023年01月12日 14:45:00
(情報出典についてはこちらをご確認ください)

制限なし

現在の渡航状況レベル

制限なし

3ヶ月後の渡航状況レベル
規制なし
海外からウルグアイへ入国 ウルグアイへの入国

外国人に対する入国条件
1.ワクチン接種者
① ワクチン接種:自国が承認するSARS-CoV-2ワクチンの1回(注:ジョンソン・エンド・ジョンソンの場合)または2回接種済みであることを自国の保健当局が発行したワクチン接種証明書をもって証明する必要がある。
②入国時の陰性証明の提示:不要。
③入国後の陰性証明の提示:不要。
④健康保険の加入:ウルグアイで有効な健康保険に加入している必要がある。

2.搭乗または入国前90日以内に罹患歴のある者
①罹患証明の提示:搭乗もしくは入国の最大90日から10日前までに実施したPCR検査または抗原検査の陽性証明を提示する。また、搭乗前に航空会社に対しても同陽性証明を提示する。
②入国時の陰性証明の提示:不要。
③入国後の陰性証明の提示:不要。
④健康保険の加入:ウルグアイで有効な健康保険に加入している必要がある。

3.ワクチン未接種者
①入国時の陰性証明の提示:出発地または乗り換え地の検査機関にて、出国前72時間以内までに実施したPCR検査または抗原検査によるSARS-CoV-2の陰性証明を提示する。商用便での入国の場合、搭乗前に航空会社に対し、陰性証明を提示する。ただし、6歳以下を除く。
②入国後の陰性証明の提示:不要。
③健康保険の加入:ウルグアイで有効な健康保険に加入している必要がある。
④法的申告:搭乗前48時間以内に電子事前申告を完了していなければならない。右申告は刑法第239条に規定される法的効力を持つものであり、入国時にも同申告内容の提示を必要とする。

国外で罹患したウルグアイ人または外国人居住者が自家用車で入国する場合の措置
①入国時の陽性証明の提示:入国前7日以内に実施されたPCR検査または抗原検査の陽性証明を提示する。
②隔離:医師の許可が出るまで隔離を義務とする。

続きを読む

規制なし
ウルグアイから海外へ出国 ウルグアイからの出国

規制なし

続きを読む

規制なし
ウルグアイから日本への入国 ウルグアイから日本への入国

▼国籍を問わず海外から日本へ入国する場合

・陰性証明書の提出
ワクチンの接種証明書(3回)を所持している方は陰性証明書は不要、所持していない方は、出国前72時間以内に受けた検査の陰性証明書が必要となる

有効なワクチン接種証明書または検査証明書のいずれも提示できない方は、検疫法に基づき、原則として日本への上陸が認められない
検査証明書の取得が困難かつ真にやむを得ない場合には、出発地の在外公館にご確認ください

・Visit Japan Webを利用し、事前にファストトラックを済ませることで、入国時の検疫・入国審査・税関申告をスムーズに入国が可能
(MySOS ファストトラック機能が11月13日で終了となり、以降、Visit Japan Webに完全移行される)
利用空港:成田国際空港・羽田空港・関西国際空港・中部国際空港・福岡空港・新千歳空港・那覇空港
https://vjw-lp.digital.go.jp/

・入国時検査の実施を停止
入国後の自宅または宿泊施設での待機、待機期間中のフォローアップ、公共交通機関不使用等を求めない事となる
※新型コロナウイルスへの感染が疑われる症状がある帰国者・入国者を除く

続きを読む

ウルグアイでの滞在情報
ウルグアイ滞在情報テーブルのスクロール前アイコン
ウルグアイ滞在情報テーブルのスクロール後アイコン
マスク ソーシャルディスタンス 店舗休業と施設制限
マスク ソーシャルディスタンス 店舗休業と施設制限
ストリート 不 要 不 要 な し
空港・駅 不 要 不 要 な し
公共交通車内 不 要 不 要 な し
ホテル 不 要 不 要 な し
レストラン 不 要 不 要 な し
カフェ 不 要 不 要 な し
ナイトクラブ 不 要 不 要 な し
    ✳︎ マスクやソーシャルディスタンスは緩い規制の国もあれば必須(不着用では入店できない事や逮捕・拘束)の場合もあります
    ✳︎ 休業については全業種・全店舗が対象という訳ではありませんのでご注意ください。
ウルグアイの新型コロナ感染状況・死亡者数および街中の様子

2021年6月中旬以降は1日の新規感染者は200人前後で下げ止まりとなっていた。しかし、12月中旬から増加傾向となったが、2022年4月上旬には1日の新規感染者は200人前後まで減少した。
その後、国家衛生緊急事態宣言は解除された。
現時点では1日の新規感染者は、7日間平均で800人前後。

マスク着用の規制は以下
着用義務
・呼吸器の症状を有し、症状が続く中、診断が確定するまでに他人と接触する者
・厚生省の指示に従い、一般人または患者に対し直接定期的なケアを行う医療従事者
・医療施設に入館または滞在するすべての利用者、同行者および医療従事者
・長期滞在型高齢者施設(ELEPEM)や障害者センター等で弱者のケアに従事する者

強く推奨
・都市部、郊外、県を跨ぐ移動および国際間における公共交通機関の利用者
・避難所、拘置所等の施設に滞在する者
・クラスターの発生が疑われる場所に居合わせた者(事態が収束するまでの一定期間)
・5歳未満の子供等、ワクチン未接種者の世話をする者
・人混みのある閉鎖空間
・食品加工者および食品取扱者。

推奨される措置
・全国の民間企業におけるテレワークの実施
・集まりは限られた人数で、ソーシャルディスタンスを維持し、マスク着用、室内の換気を行い、2時間以内で開催
・感染者との接触が疑われる場合には自主的に隔離を行い、必要な医療措置を受ける

新型コロナウィルス感染者数
感染者数(累計)
1,032,710
新型コロナウィルス死亡者数
死亡者数(累計)
7,609

日次感染者数推移データ

グラフ上の閲覧したい期間をカーソルでタップして囲む事で拡大できます

※出典:ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)
最終更新日時: 2023年02月03日

ウルグアイのみんなの旅行

あなたも#globalwifiをつけてInstagramに投稿しよう

Attention
/ 当サイトをご利用になる上での注意点

当サイト では、日本政府や各国政府、WHOや各機関からの様々な情報を独自で編集しております。情報は国ごとの政策や感染状況などの情勢により刻一刻と変化しております。なるべく最新情報に更新して参りますが、ご渡航の決定や航空券購入の際は、各国公的サイトや航空会社や旅行会社へご相談の上で行動されることをお勧めします。

また、例えば当サイト上で渡航が「可」でも新型コロナ以外の理由(紛争やテロ等)により渡航禁止であったり突然渡航延期勧告などが発令される場合もございますので、国ごとの最新渡航情報については外務省ホームページにて再度ご確認ください。万が一、当サイトの情報で出入国できないなどのトラブルがあっても当サイトでは一切責任を負いかねますので予めご了承ください。

3ヶ月予測は「新型コロナ × 海外旅行・海外出張情報サイト」 独自の見解・予測です。
各国への入国及び日本への出国・入国情報は、原則日本国籍の方を対象としております。予めご了承ください。

国旗

ウルグアイ

国旗

ウルグアイ