TeCOT (海外渡航者新型コロナウイルス検査センター) ご利用方法

1 経済産業省のWEBサイトTOPページから TeCOT(海外渡航新型コロナウイルス検査センター)のページに遷移します

経済産業省WEBサイト>ホーム>政策について>政策一覧>対外経済>貿易投資促進>TeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)

TeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)
https://www.meti.go.jp/policy/investment/tecot/tokousha/tecot_kaigaitokousha.html

2 TeCOT(海外渡航者向け)gBiz IDでログインをクリックします

gBiz IDをお持ちの方は、「TeCOT(海外渡航者向け)gBiz IDでログイン」のボタンをクリックしてください。

gBiz IDをお持ちではない方は、「gBiz IDを持っていない方はこちら」をクリックしてください。

TeCOT(海外渡航者向け)gBiz IDでログイン

3 gBiz IDを取得します ※これが第一の難関です

なぜ難関なのか。

1.現時点では、gBiz IDプライムアカウントID発行までの期間はおおむね2週間となっております
と下記に記載がある通り、TeCOTログインのためのgBiz IDの発行まで2週間もかかり、TeCOTにログインができないためPCR検査が可能な医療機関の検索も予約もできません。

2.このgBiz IDは登録時に法人登録番号や、代表者氏名、代表者の誕生日など細かい情報入力が必要で登録自体が意外と面倒です。

3.過去に会社の誰かが登録していて既に企業としてgBizプライムのログインIDを持っている場合、どこの部署の誰がIDを保有しているかがわからなければIDとパスワードがわからないためそもそもログインが不可能です。(1法人に対して1IDのみ発行が可能なため)

※上記1~3に記載の通り 「gBiz IDプライムアカウント」の取得までは時間を要しますが、右側の 「gBiz ID エントリー」の方はプライムアカウントよりも早くID発行が済むようです。 しかしながら各省庁を横断しての行政手続きができないなどの制約がありますので利用用途をご検討の上、御社の利用法にあった方でお手続きください。

gBizIDへようこそ GビズIDを使い始める

4 ログインをします ※これが第二の難関です

gBiz IDをログインすると「ログインIDかパスワードが違っています」とメッセージがでることがあります。
これは二重ログイン方式をとっており、どちらか一方の間違ったパスワードを入れた場合この様なメッセージがでることがあります。 ここはわかりにくいので下記の様にログインをしてください。

1.1つ目のログインは、最初にgBiz ID 登録時に入力したパスワードを入力。
2.2つ目のログインは、「ワンタイムパスワードを発行する」ボタンを押して登録したメール受信箱に届いた6~8桁の数字を「ワンタイムパスワード」と書かれた画面に入力してください。

※1つ目のログイン情報がキャッシュとしてブラウザに残ってる場合は、2のワンタイムパスワードの入力だけでログイン可能です。
※両方ともログインセッションがブラウザに残ってる場合は、そのままTeCOTのログイン後のTOPページまで自動で遷移されます。

gBizIDログイン

5 TeCOT TOPページ最上部のメニューから「新規予約登録」ボタンをクリックします

TECOT渡航者向け機能

6 予約情報を入力します

ここで注意すべき点は、渡航目的で「出張」と「旅行」の選択があり、「旅行」を選択した場合は全てエラーとなって予約できませんのでご注意ください。

新規予約登録 新規予約登録

7 検査手法や費用などを確認し、最後まで入力して予約完了です

検査手法 医療機関検索