iPhone(iOS)WiFi接続の設定方法

iphone

iPhone(iOS)をお使いのお客様へWiFi接続の設定方法をご紹介いたします
出国前に何を変更したか設定をメモしておき、帰国後は元に戻しましょう。

渡航先で設定

帰国後の設定


日本国内での設定事項

1.モバイルデータ通信をOFF

日本を出発前にモバイルデータ通信をOFFにします。モバイルデータ通信が「オン」になっていると、
海外で自動的に現地の通信会社のネットワークに接続してしまい、高額請求となる「パケ死」の原因となります。
WiFiルーターをお申込みの国以外で電源を入れてしまうと、同様に自動的にご契約以外のネットワークに接続してしまうので、
日本やお申込み以外の国では電源をいれないようにしてください。

設定手順

iOS9、10:「設定」>「モバイルデータ通信」>モバイルデータ通信をOFF

設定画面
設定画面
設定画面

設定手順や画面は、ご契約の通信キャリアやOSのバージョンによって異なる場合がございます。詳細は端末のご購入元にお問い合わせください。

2.Wi-FiアシストをOFF

Wi-Fiアシストは、iOS9以降の機能です。Wi-Fiアシストを「オン」にしていると、
Wi-Fi の接続状況がよくないときに自動的にモバイルデータ通信に切り替わってしまい、
高額請求を課せられてしまう場合がございます。データローミングのOFFとあわせて必ず設定してください。

設定手順

iOS9以降:「設定」>「モバイルデータ通信」>モバイルデータ通信画面の最下部「Wi-Fiアシスト」をOFF

設定画面
設定画面
設定画面

設定手順や画面は、ご契約の通信キャリアやOSのバージョンによって異なる場合がございます。詳細は端末のご購入元にお問い合わせください。

3.iCloudをOFF

iCloudは、iPhoneに保存されたデータを自動的にインターネット上に保存してくれる便利な機能ですが、
意図しない大容量のインターネット通信をしてしまう可能性がございます。
その他、ご利用のクラウドサービスも同様にご注意ください。

設定手順

iOS9、10:「設定」>「iCloud」>画面下部の「バックアップ」をOFF

設定画面
設定画面
設定画面

設定手順や画面は、ご契約の通信キャリアやOSのバージョンによって異なる場合がございます。詳細は端末のご購入元にお問い合わせください。

4.アプリの自動アップデートをOFF

アプリの自動更新がオンになっていると、アプリを常に最新のバージョンで利用でき便利ですが、
意図しない大容量のインターネット通信をしてしまう可能性がございます。

設定手順

iOS9、10:「設定」>「iTunes & AppStore」>「アップデート」をOFF

設定画面
設定画面

設定手順や画面は、ご契約の通信キャリアやOSのバージョンによって異なる場合がございます。詳細は端末のご購入元にお問い合わせください。

海外現地でのWiFi接続方法

SSIDとパスワードの確認

iPhoneでWiFiに接続するために、まずWiFi端末にシールが貼ってあるのでSSID(ネットワーク)とPasswordを確認します。

WiFi機器

SSID:xxxxxxxxxx
PASS:xxxxxxxxxx

SSIDとパスワードは、
WiFi機器によって掲載場所が異なります。

設定手順

iOS9、10:「設定」>「Wi-Fi」をON >WiFiルーターに記載のSSIDを選択し、パスワードを入力

設定画面
設定画面
設定画面

WiFiの接続は、必ず渡航先に到着してから実施してください

国境付近で隣接国(お申込み国以外の国)の通信事業者の電波に接続される場合がございますが、
特に追加料金等はかかりませんのでご安心ください。

日本に帰国後の設定

日本に帰国後、変更した設定は同様の操作で元に戻します。
設定を元に戻さないとインターネットに接続できなかったり、携帯電話のデータを自動的に保存されなくなる事もあります。
必ず出国前に何を変えたかなど設定をメモしておき、帰国後は元に戻しましょう。

【確認事項】

下記、4点の設定を帰国後に確認しましょう。

  • モバイルデータ通信
    ※モバイルデータ通信がOFFになっていると携帯電話回線でのインターネット通信ができませんのでご注意ください。
  • Wi-Fiアシスト
  • iCloud
  • アプリの自動アップデート

このページを共有する 

マイページからお申込み状況が確認や領収書の発行依頼ができます。

会員ログイン