ご意見箱
アメリカの国旗

アメリカ

United States of America

このページでは現在のアメリカの出入国状況や感染状況、マスク着用の義務など現地の情報がご覧いただけます。
情報更新日: 2022年12月01日 13:57:44
(情報出典についてはこちらをご確認ください)

制限なし

現在の渡航状況レベル

制限なし

3ヶ月後の渡航状況レベル
規制なし
海外からアメリカへ入国 アメリカへの入国

観光・ビジネス目的での入国可能

4月以降マスク着用義務は解除されているが、ジョン・F・ケネディー空港、ラガーディア空港、ロサンゼルス国際空港など一部の空港では着用が求められる。

▼アメリカへの入国条件
ワクチン接種を完了していれば、隔離なしで入国可能
※18歳未満の場合、ワクチン接種証明は免除

▼以下の入国書類が搭乗カウンターで必要
※提示できない場合は搭乗を拒否される

①ワクチン接種証明書
②CDC(アメリカ疾病対策センター)のWEBサイトからダウンロードした記入済みの宣誓書
③記入済のコンタクト・トレーシング・フォーム(CDCへの情報提供書類)
④ESTA(ビザ免除プログラム)を渡航日の7日以上前にオンラインで申請が必要
米国国土安全保障省ESTA申請サイト
https://esta.cbp.dhs.gov/
※申請のみで搭乗カウンターでの書類提示は無い

▼必要な入国書類の詳細は以下
===ワクチン接種証明書の条件===
・ワクチン接種完了日から2週間(14日)経過していること
・証明書には、氏名、生年月日、接種記録の発行機関名、ワクチン接種回数、ワクチン製造元と接種日の記載が必要
・認められるワクチンは以下
ファイザー、モデルナ(いずれも2回接種)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(1回接種)、アストラゼネカ、シノファーム、シノバック(いずれも2回接種)

===宣誓書のダウンロードと記入===
基本的には、ご自身でCDC(アメリカ疾病対策センター)のWEBサイトから書式(英語のみ)をダウンロードして記入が必要
※旅行代理店での代行サービスあり

宣誓書は紙での提出が必須(PDF等の電子データは不可)
※以下に該当する場合は、代理人による宣誓が必要
・2~17 歳の場合
・身体的、精神的な障害等により本人が宣誓できない場合

CDCダウンロードページ
https://onl.sc/LVzG7y1
※すべて英語になる

アメリカへ渡航する際の宣誓書の書き方は下記URLのPDFファイルをご参考ください

===コンタクト・トレーシング・フォーム===
CDC(アメリカ疾病対策センター)は、新型コロナウイルスその他感染病患者と濃厚接触した可能性がある入国者への連絡を可能とするため、以下の情報収集を航空会社に一任している
※旅行代理店での代行サービスあり

必要情報は以下
・氏名(旅券上の表記)
・米国滞在中の住所(郵便番号や番地を含む)
・主な電話番号
・その他電話番号、緊急の電話番号
・メールアドレス
※アメリカ滞在中、電話やEメールへのアクセスができない場合、日本の連絡先ではなく、滞在先ホテルや滞在を共にする友人、親戚の連絡先などを記載

書類は航空会社のWEBサイトからダウンロード可能
※空港の搭乗カウンターで記入も可能
※ANAは日本語の書類を用意している

▼オンラインチェックインについて
事前にWEBサイト、アプリで手続きしておくことで搭乗手続きカウンターに立ち寄らずに税関手続き、出国審査へ行く事が出来る時間短縮サービスのこと。
コロナ禍で事前に陰性証明書などの書類をチェックインカウンターで提示する必要があるため、オンラインチェックインの利用は航空会社によって違うので確認が必要

確認できたWEBサイトやアプリでのサービスは以下
※感染状況などによりサービス内容の変更があるため、必ず詳細を航空会社に確認ください
・ANA
ANA Travel Ready(オンライン渡航書類事前確認)、オンラインチェックイン

・JAL
Webチェックイン

・デルタ航空
Delta FlyReady(アプリ)

続きを読む

規制なし
アメリカから海外へ出国 アメリカからの出国

制限なし

続きを読む

規制なし
アメリカから日本への入国 アメリカから日本への入国

▼国籍を問わず海外から日本へ入国する場合

・陰性証明書の提出
ワクチンの接種証明書(3回)を所持している方は陰性証明書は不要、所持していない方は、出国前72時間以内に受けた検査の陰性証明書が必要となる

有効なワクチン接種証明書または検査証明書のいずれも提示できない方は、検疫法に基づき、原則として日本への上陸が認められない
検査証明書の取得が困難かつ真にやむを得ない場合には、出発地の在外公館にご確認ください

・Visit Japan Webを利用し、事前にファストトラックを済ませることで、入国時の検疫・入国審査・税関申告をスムーズに入国が可能
(MySOS ファストトラック機能が11月13日で終了となり、以降、Visit Japan Webに完全移行される)
利用空港:成田国際空港・羽田空港・関西国際空港・中部国際空港・福岡空港・新千歳空港・那覇空港
https://vjw-lp.digital.go.jp/

・入国時検査の実施を停止
入国後の自宅または宿泊施設での待機、待機期間中のフォローアップ、公共交通機関不使用等を求めない事となる
※新型コロナウイルスへの感染が疑われる症状がある帰国者・入国者を除く

続きを読む

アメリカでの滞在情報
アメリカ滞在情報テーブルのスクロール前アイコン
アメリカ滞在情報テーブルのスクロール後アイコン
マスク ソーシャルディスタンス 店舗休業と施設制限
マスク ソーシャルディスタンス 店舗休業と施設制限
ストリート 不 要 不 要 な し
空港・駅 一 部 不 要 な し
公共交通車内 不 要 不 要 な し
ホテル 不 要 不 要 な し
レストラン 不 要 不 要 な し
カフェ 不 要 不 要 な し
ナイトクラブ 不 要 不 要 な し
    ✳︎ マスクやソーシャルディスタンスは緩い規制の国もあれば必須(不着用では入店できない事や逮捕・拘束)の場合もあります
    ✳︎ 休業については全業種・全店舗が対象という訳ではありませんのでご注意ください。
アメリカの新型コロナ感染状況・死亡者数および街中の様子

アメリカ国内の新型コロナウイルス感染状況は、2022年3月中旬以降は1日の新規感染者は3万人前後で下げ止まりが続いていた。しかし、4月に入り新規感染者は増加し、現在は1日あたりの新規感染者数の7日間平均値は4万人前後で横ばいとなっている。
死者数は減少を続け、現時点で1日の死亡者は300人前後で下げ止まり状態。
累計感染者数は9,840万人以上、死亡者数は108万人を超えている。

国内の状況は、ニューヨーク州が1月8日の新規感染者9万人をピークに、その後急速に減少し1日の新規感染者は1,000人前後まで減少した。しかし、3月中旬から増加に転じており、現在は4,000人前後で推移している。カリフォルニア州は1月10日の新規感染者22万人をピークに、その後減少を続けていたが4月に入り増加に転じている。現在の7日間の平均値は6,000人前後。
新規感染者数が多い州は、カリフォルニア州が全米1位、次いでテキサス州、フロリダ州、ニューヨーク州、イリノイ州となっている。

7月に入り、現在感染拡大しているオミクロン株BA.5に次いで6月にインドで確認された新たな系統BA.2.75が確認された。現在のところアメリカ国内での確認は2例。
また、7月20日にCDC(アメリカ疾病対策センター)は、直近1週間の新規感染者のうち約80%がBA.5によるとみられる旨を発表した。

※アメリカへ渡航する場合に必要な入国書類について
日本からアメリカへ入国するためには、航空会社の搭乗手続き時にCDC(アメリカ疾病対策センター)が指定するフォーマットで宣誓書の提出が必要。

アメリカへ入国する際の宣誓書の書き方は上記「宣誓書の記入方法はこちら」のリンクを参考ください。アメリカへ入国する際の提出用CDC(アメリカ疾病対策センター)宣誓書は上記「宣誓書のダウンロード」のリンクから取得可能。

なお、宣誓書の記入方法は2022年4月20日時点のフォーマットを日本語訳したもので、仕様が変更になることもあるため、仕様を確認いただいてから記入および提出ください。

新型コロナウィルス感染者数
感染者数(累計)
98,788,140
新型コロナウィルス死亡者数
死亡者数(累計)
1,080,444

日次感染者数推移データ

グラフ上の閲覧したい期間をカーソルでタップして囲む事で拡大できます

※出典:ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)
最終更新日時: 2022年11月30日

アメリカのみんなの旅行

あなたも#globalwifiをつけてInstagramに投稿しよう

Attention
/ 当サイトをご利用になる上での注意点

当サイト では、日本政府や各国政府、WHOや各機関からの様々な情報を独自で編集しております。情報は国ごとの政策や感染状況などの情勢により刻一刻と変化しております。なるべく最新情報に更新して参りますが、ご渡航の決定や航空券購入の際は、各国公的サイトや航空会社や旅行会社へご相談の上で行動されることをお勧めします。

また、例えば当サイト上で渡航が「可」でも新型コロナ以外の理由(紛争やテロ等)により渡航禁止であったり突然渡航延期勧告などが発令される場合もございますので、国ごとの最新渡航情報については外務省ホームページにて再度ご確認ください。万が一、当サイトの情報で出入国できないなどのトラブルがあっても当サイトでは一切責任を負いかねますので予めご了承ください。

3ヶ月予測は「新型コロナ × 海外旅行・海外出張情報サイト」 独自の見解・予測です。
各国への入国及び日本への出国・入国情報は、原則日本国籍の方を対象としております。予めご了承ください。

国旗

アメリカ

国旗

アメリカ