グアムの国旗

グアム

Guam

このページでは現在のグアムの出入国状況や感染状況、マスク着用の義務など現地の情報がご覧いただけます。
情報更新日: 2020年11月26日 14:16:31
(情報出典についてはこちらをご確認ください)

一部解禁
(厳しい規制)

現在の渡航状況レベル

一部解禁
(厳しい規制)

3ヶ月後の渡航状況レベル
規制あり
海外からグアムへ入国 グアムへの入国

①事前の検査結果に関係なく、政府指定施設において14日間の強制隔離。
②隔離6日目に任意で検査を受けて陰性だった場合は、それ以降、14日目までの期間は自身が予約したホテルで隔離を行うことが可能。
③入国に際して検疫同意書に署名しなければならない。
④空港から政府指定施設までは往復とも専用車両によって輸送される。
⑤強制隔離中は、緊急事態や許可された受診時を除き、政府指定施設の部屋から出たり、訪問者の受け入れはできない。
⑥14日間の強制隔離期間が満了する前に乗り継ぎ便や帰国便の搭乗日が到来してグアムを離れる予定の場合、その事実を証明すれば、隔離期間は当該搭乗日までとなる。

※アメリカの準州なので、アメリカの入国制限措置も対象。
アメリカの入国制限措置は以下参照。

規制なし
グアムから海外へ出国 グアムからの出国

制限なし

規制あり
グアムから日本への入国 グアムから日本への入国

①全ての人にPCR検査が実施され、結果が出るまで自宅・空港内のスペース・検疫所が指定した施設等で待機。(到着から検査結果が判明して入国するまでの所要時間は検査方法により変わり、唾液検査を採用している空港であれば2~3時間、鼻咽頭ぬぐい液検査の場合は1~2日程度)
②検疫におけるPCR検査の結果が陰性でも、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機が必要。また保健所等による健康確認の対象となる。
③空港等からの移動も含め公共交通機関の使用不可。
④入国後に待機する滞在先と空港等から移動する手段について検疫所に登録が必要。

グアムでの滞在情報
グアム滞在情報テーブルのスクロール前アイコン
グアム滞在情報テーブルのスクロール後アイコン
マスク ソーシャルディスタンス 休業や設備稼働制限
マスク ソーシャルディスタンス 休業や設備稼働制限
ストリート 必 要 必 要 な し
空港・駅 必 要 必 要 あ り
公共交通車内 必 要 必 要 あ り
ホテル 必 要 必 要 あ り
レストラン 必 要 必 要 あ り
カフェ 必 要 必 要 あ り
ナイトクラブ 必 要 必 要 あ り
    ✳︎ マスクやソーシャルディスタンスは緩い規制の国もあれば必須(不着用では入店できない事や逮捕・拘束)の場合もあります
    ✳︎ 休業については全業種・全店舗が対象という訳ではありませんのでご注意ください。
グアムの新型コロナ感染状況・死亡者数および街中の様子

2020年3月下旬に初めての感染者が確認され、3月14日に公衆衛生緊急事態が発令された、また具体的な感染対策として4月30日にパンデミック即応体制レベル1を宣言し、集会、最重要でない活動の規制と重要活動においての規制要件を導入、学校を含む公共施設を封鎖した。
公衆衛生緊急事態の規制内容に違反した個人や法人に対し罰金が科される。

その後、対策が功を奏し5月8日パンデミック即応体制レベル2に引き下げ、特定業種の運営許可、店舗などの占有率を決めた規制緩和、感染予防策実施の上での限られた活動を許可した。
さらに感染収束が見えてきたため、7月19日パンデミック即応体制レベル3に移行し、いくつかの例外を除く全ての事業と活動の運営が店舗などの占有率規制とソーシャルディスタンス、マスク着用等の感染予防策を実施のうえ許可された。

しかし、7月後半から拡大傾向に転じ、8月16日からパンデミック即応体制レベル1に戻した。8月22日には1日の陽性者数が過去最多となり、9月5日、14人目の死者が確認されたことを受け、全てのグアム住民に対し暫定的なロックダウンを発令したが、延長を繰り返し現在も続いている。

その様な中、10月20日に政府は11月末までに陽性率が下がれば、来年1月か2月位から観光客の受け入れ態勢を準備する発表をした。
また、グアム知事は、感染拡大のスピード、陽性率、10万人毎の新規感染者数等を一定の計算式に当てはめて算出するCovid Area Risk(CAR)スコアが5未満になり、2週間キープできれば年末休暇を楽しむことができるようになると述べていたが、11月18日の時点で、グアムのCovid Area Riskは20.3であったが、11月25日の時点で、6.8まで下がっている。制限緩和に必要なレベルに近づいている。

公衆衛生緊急事態(ロックダウン)の有効期限は2020年11月29日まで。

日本航空のグアムと成田間のフライトは1月31日まで運休されている。ただし、12月24日、2021年1月4日、1月24日の3便のみ、就航が決まった。12月24日は成田発午前9時30分、グアム発が午後4時15分。1月4日と1月24日、成田発が午前10時45分、グアム発が午後5時30分となる。

▼パンデミック即応体制レベル1の概要は以下のとおり。

1.全ての者は食料または生活必需品の買い出し、保健局ガイダンスにて指定される重要業務への従事、医療機関への通院、扶養家族やペットの世話、または別の場所にいる弱者の世話を除き、自宅に留まること。

2. 保健社会サービス局の特別の許可がない限り集まりは5人以下に限る。

3.全ての事業所または公共施設の封鎖、施設内での運営を禁止。
・以下の事業は可能
在宅介護を含むヘルスケア事業、公共交通機関、電気、水道、ガスなどの公益企業、食料品店、農産物直売市、レストランでの屋外席(同じ世帯内で6人以下限定)、ドライブスルー販売、食料品デリバリー、フードバンク、コンビニエンスストア、薬局、診療所、ガソリンスタンド、屋外フィットネスクラス、その他住民の安全と衛生維持に不可欠な生活必需サービス提供業。
スポーツ団体は指定されたトレーニング施設で非接触トレーニングを実施する許可の申請が可能。

・以下の事業は一部可能
収容可能数の25%制限で小売店やヘア、ネイル、タトゥーショップ、ペットグルーミングなどのパーソナルケア、スパ(個室のみ)、ジム、フィットネスセンター、ダンススタジオ。
最大4人までのグループで射撃場、スイミングプール、タースポーツ、スキューバダイビング、ゴルフ、テニス。

4.すべての公園とビーチの利用は5人以下に限る。

▼接触状況の追跡を可能にするモバイルアプリの「Guam Covid Alert」

9月10日、アメリカで初となる接触通知モバイルアプリをグアムで導入した。
この「グアム新型コロナウイルスアラートGuam Covid Alert」はプライバシーを侵害することなく、安全かつスピーディーにアプリをダウンロードした人との接触確認を識別する。

また、接触状況を通知するだけでなく、PCR検査や医療機関での受診を促し、ユーザーが新型コロナウィルス感染者との接触を通知されてから14日間は他人への接触を減らすための必要な手順を案内する。

新型コロナウイルス検査で陽性であると判明した人は、グアム保健局からランダム化されたコードを受け取る。受け取ったコードをアプリに入力することで、その個人と密接に接触していた可能性のある他のアプリユーザーは、アプリを介して接触通知を受信可能。
言語は英語、タガログ語、日本語、韓国語、チャモロ語の5言語に対応している。

しかし、10月7日のグアム政府観光局の発表では、ダウンロード数は約17,000回、普及率は23%。アプリが効果的に作用するために必要な60%を大幅に下回っている。
ダウンロード率が伸びない原因の一つは、現在の政府対応に不満を持つ多くの層が拒否している可能性が高く、政府は引き続きアプリのダウンロードをプッシュするという。

▼グアムへ入国するには、アメリカへの入国制限措置も適用される。

アメリカ到着日から遡って14日間以内にブラジル、英国又はアイルランド共和国、中国(香港及びマカオ除く)、イラン・イスラム共和国(イラン)、シェンゲン協定が適用されるヨーロッパの26の国(オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス)に渡航歴がある外国人の入国拒否。

新型コロナウィルス感染者数
感染者数(累計)
6,452
新型コロナウィルス死亡者数
死亡者数(累計)
103

日次感染者数推移データ

※出典:ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)
最終更新日時: 2020年11月25日 19:27:20

グアムのみんなの旅行

あなたも#globalwifiをつけてInstagramに投稿しよう

Attention
/ 当サイトをご利用になる上での注意点

当サイト では、日本政府や各国政府、WHOや各機関からの様々な情報を独自で編集しております。情報は国ごとの政策や感染状況などの情勢により刻一刻と変化しております。なるべく最新情報に更新して参りますが、ご渡航の決定や航空券購入の際は、各国公的サイトや航空会社や旅行会社へご相談の上で行動されることをお勧めします。

また、例えば当サイト上で渡航が「可」でも新型コロナ以外の理由(紛争やテロ等)により渡航禁止であったり突然渡航延期勧告などが発令される場合もございますので、国ごとの最新渡航情報については外務省ホームページにて再度ご確認ください。万が一、当サイトの情報で出入国できないなどのトラブルがあっても当サイトでは一切責任を負いかねますので予めご了承ください。

3ヶ月予測は「新型コロナ × 海外旅行・海外出張情報サイト」 独自の見解・予測です。
各国への入国及び日本への出国・入国情報は、原則日本国籍の方を対象としております。予めご了承ください。

国旗

グアム

国旗

グアム