ポルトガルの国旗

ポルトガル

Portugal

このページでは現在のポルトガルの出入国状況や感染状況、マスク着用の義務など現地の情報がご覧いただけます。
情報更新日: 2020年11月24日 18:13:49
(情報出典についてはこちらをご確認ください)

制限なし

現在の渡航状況レベル

制限なし

3ヶ月後の渡航状況レベル
規制なし
海外からポルトガルへ入国 ポルトガルへの入国

日本からの入国は制限なし

規制なし
ポルトガルから海外へ出国 ポルトガルからの出国

制限なし

規制あり
ポルトガルから日本への入国 ポルトガルから日本への入国

(1)全ての人にPCR検査が実施され、結果が出るまで自宅・空港内のスペース・検疫所が指定した施設等で待機。(到着から検査結果が判明して入国するまでの所要時間は検査方法により変わり、唾液検査を採用している空港であれば2~3時間、鼻咽頭ぬぐい液検査の場合は1~2日程度)
(2)検疫におけるPCR検査の結果が陰性でも、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機が必要。また保健所等による健康確認の対象となる。
(3)空港等からの移動も含め公共交通機関の使用不可。
(4)入国後に待機する滞在先と空港等から移動する手段について検疫所に登録が必要。

ポルトガルでの滞在情報
ポルトガル滞在情報テーブルのスクロール前アイコン
ポルトガル滞在情報テーブルのスクロール後アイコン
マスク ソーシャルディスタンス 休業や設備稼働制限
マスク ソーシャルディスタンス 休業や設備稼働制限
ストリート 必 要 必 要 な し
空港・駅 必 要 必 要 な し
公共交通車内 必 要 必 要 な し
ホテル 必 要 必 要 な し
レストラン 必 要 必 要 な し
カフェ 必 要 必 要 な し
ナイトクラブ 必 要 必 要 な し
    ✳︎ マスクやソーシャルディスタンスは緩い規制の国もあれば必須(不着用では入店できない事や逮捕・拘束)の場合もあります
    ✳︎ 休業については全業種・全店舗が対象という訳ではありませんのでご注意ください。
ポルトガルの新型コロナ感染状況・死亡者数および街中の様子

ポルトガルは2020年3月2日に初の感染を確認された。
3月14日には学校を閉鎖し、3月16日に緊急事態宣言が出され都市封鎖および外出禁止令が発令された。都市封鎖は5月4日に解除され、多くのサービスは営業を再開。
7月下旬以降、1日の新規感染者数は300人を切り、減少から停滞状態になった。しかし、9月に入り、新規感染者が急増したためにポルトガル全土で緊急事態宣言が発表。10月以降は1日の新規感染者数が4,600人を超えるなど急激に感染が拡大している。

10月上旬に感染者数の増加を受けて、「災害事態宣言」に引き上げてポルトガル全土での制限に加えて個人レベルでの感染防止対策の徹底するよう発表。
▼ポルトガル全土対象
・ポルトガル全土(島嶼部自治州は除く)の市民および滞在者に対し、市の境界線を超えた移動を禁止
・屋外でのソーシャルディスタンスの確保ができない場合のマスク着用義務化
・公道および商業施設、レストラン等での集まりは、同居人を除く5名まで。
・レストランでのテーブル着席人数は家族を除く最大6名まで
・商業施設の営業開始は午前10時以降、閉店時間は各自治体の判断で午後8時から午後11時の間で閉店する。
・サービスエリアや給油所でのアルコール飲料の飲用禁止。
・午後8時以降の小売店舗や飲食店の野外におけるアルコール飲料の販売禁止。
・スポーツ試合は無観客試合とする。
・学校周辺のカフェやレストラン、および商業施設内のフードコートの集まりは最大4名まで。
・必要不可欠な活動や文化施設の利用、野外の活動、ペットの散歩などを除き、原則自宅待機となり、公道や私道での移動を禁止(フェルゲイラス市、ロウザダ市およびパッソス・デ・フェレイラ市)

▼フェルゲイラス市、ロウザダ市およびパッソス・デ・フェレイラ市、リスボン市、ポルト市を含む191市
・月曜日から金曜日の平日午後11時から翌朝5時まで、土曜日と日曜日の週末の午後1時から翌朝8時の間、通勤、通院、食料品購入などを除き必要最低限の外出禁止(11月23日まで)
・一般市民には原則自宅待機が求められ、公道や私道での移動が禁止
・薬局等一部の店舗を除く全ての商業施設および小売店は、平日の午後10時閉店とし、週末の営業は午前8時から午後1時までに制限
・レストランは平日の午後10:30までに閉店し、週末午後1時以降は宅配でのみ営業可能(ただし各市の市長判断において同時刻より早い閉店を命じることも可能) 
・イベントや式典のための集まりは家族を除いて最大5名まで
・マーケットや青空市場の禁止
・可能な限りテレワークの導入を義務化

屋外でソーシャルディスタンスを保てない場合の10歳以上のマスクの着用が義務化。違反した場合は100~500ユーロの罰金が科される
また、各自治体によっては就労者のテレワーク推奨や勤務ローテーションの調整による時差通勤、異なる昼食時間の設定などで接触機会を減らす措置をとっている。国民に対し、公道でのマスクの着用およびコロナ感染接触アプリ「Stay Away」利用を強く推奨している。

新型コロナウィルス感染者数
感染者数(累計)
268,721
新型コロナウィルス死亡者数
死亡者数(累計)
4,056

日次感染者数推移データ

※出典:ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)
最終更新日時: 2020年11月25日 19:27:20

ポルトガルのみんなの旅行

あなたも#globalwifiをつけてInstagramに投稿しよう

Attention
/ 当サイトをご利用になる上での注意点

当サイト では、日本政府や各国政府、WHOや各機関からの様々な情報を独自で編集しております。情報は国ごとの政策や感染状況などの情勢により刻一刻と変化しております。なるべく最新情報に更新して参りますが、ご渡航の決定や航空券購入の際は、各国公的サイトや航空会社や旅行会社へご相談の上で行動されることをお勧めします。

また、例えば当サイト上で渡航が「可」でも新型コロナ以外の理由(紛争やテロ等)により渡航禁止であったり突然渡航延期勧告などが発令される場合もございますので、国ごとの最新渡航情報については外務省ホームページにて再度ご確認ください。万が一、当サイトの情報で出入国できないなどのトラブルがあっても当サイトでは一切責任を負いかねますので予めご了承ください。

3ヶ月予測は「新型コロナ × 海外旅行・海外出張情報サイト」 独自の見解・予測です。
各国への入国及び日本への出国・入国情報は、原則日本国籍の方を対象としております。予めご了承ください。

国旗

ポルトガル

国旗

ポルトガル