ポルトガルの国旗

ポルトガル

Portugal

このページでは現在のポルトガルの出入国状況や感染状況、マスク着用の義務など現地の情報がご覧いただけます。
情報更新日: 2021年09月24日 11:25:06
(情報出典についてはこちらをご確認ください)

一部解禁
(緩い規制)

現在の渡航状況レベル

一部解禁
(緩い規制)

3ヶ月後の渡航状況レベル
規制あり
海外からポルトガルへ入国 ポルトガルへの入国

フライト搭乗時に、搭乗前72時間以内に受検したPCR検査または搭乗前48時間以内に受検した迅速抗原検査のいずれかの陰性証明書の提示が必要。

規制なし
ポルトガルから海外へ出国 ポルトガルからの出国

制限なし


日本入国の際に提出するフォーマットでPCR検査証明書取得可能な医療(検査)機関は以下。
※2021年8月19日、在ポルトガル日本国大使館公表データ

・Joaquim Chaves Saúde(JCS)- Tomás Ribeiro (Lisboa)
住所:Rua Tomás Ribeiro, 6 C, 1050-229 Lisboa
電話:+351 214124300

・Germano de Sousa (Carnide -Telheiras)
住所:R. Cupertino de Miranda, 1600-513 Lisboa
電話:(+351)212 693 530

・SYNLAB Rodrigues Sampaio
住所:Rua Rodrigues Sampaio, 30 B, r/c., 1169-067 Lisboa
電話:(+351)213 587 400

・LUMILABO
住所:Av. Columbano Bordalo Pinheiro 71A B, 1070-061 Lisboa
電話:(+351)217210480

・Hospital CUF Tejo
住所:Av. 24 de Julho, 171A, 1350-352 Lisboa
電話:(+351)213926100

・Posto Cintramédica (Lisboa Laranjeiras)
住所:Rua S. Tomás de Aquino nº4 A 1600-203 Lisboa
電話:(+351) 219100080

・REDELAB Saúde (Posto Olaias)
住所:Rua Egas Moniz, 2A Olaias, 1900-096 Lisboa
電話:(+351) 210100347

・CAPITALIS
住所:Rua Manuel Teixeira Gomes, lote 103, loja B 1950-189 Lisboa
電話:(+351) 213528197

・Cintramédica (Portela de Sintra)
住所:Travessa da Portela, Edifício Cintramédica, 2710-437 Sintra
電話:(+351) 219100080

・Cintramédica (Portela de Sintra)
住所:Travessa da Portela, Edifício Cintramédica, 2710-437 Sintra
電話:(+351) 219100080

・Cintramédica (Mafra)
住所:Avenida 1º de Maio, 12-Loja, 2640-455 Mafra
電話:(+351)219100080

規制あり
ポルトガルから日本への入国 ポルトガルから日本への入国

▼国籍を問わず海外から日本へ入国する場合
①検査証明書の提出
・出国前72時間以内の検査(陰性)証明書の提出が必要です。
・3月19日より検査証明書を提示できない人は、日本への上陸が認められません。
・搭乗時に検査証明書を所持していない場合、航空機への搭乗を拒否されます。
・検査証明書の取得が困難かつやむを得ない場合は、出発地の在外公館に相談が必要です。

▽入国時に必要な検査証明書の要件
1.検体採取が出国前の72時間以内であること
2.所定のフォーマットを使用して以下の内容を検査証明書へ記載する
・氏名/パスポート番号/国籍/生年月日/性別
・検査法/採取検体
・結果/検体採取日時/結果判明日/検査証明書交付年月日
・医療機関名/住所/医師名/医療機関印影
・すべての項目が英語で記載されたもの
3.検体採取方法は以下のいずかに限る
鼻咽頭ぬぐい液/唾液/鼻咽頭ぬぐい液・咽頭ぬぐい液の混合
※実際の検体採取箇所が「鼻咽頭」でも検査証明書に記載の検体が「鼻腔」を示す「Nasal swab」や「Nasal and throat swab」などとして記載されている場合は無効となる。
4.検査方法は以下のいずかに限る
RT-PCR法/LAMP法/TMA法/TRC法/Smart Amp法/NEAR法/次世代シーケンス法/抗原定量検査(抗原定性検査ではない)

▽入国時の注意事項
・空港等からの移動も含め公共交通機関の使用は不可です。
・入国後に待機する滞在先と空港等から移動する手段について検疫所に登録が必要です。

②検疫所が確保する宿泊施設での待機と検査の実施
・日本到着時に全ての人に検査が実施され、陰性結果が出たとしても、検疫所が指定した施設等で3日間待機する必要があります。
・入国後3日目に改めて検査し、その上で陰性と判定された場合に、入国後14日間の残りの期間を自宅等で待機することが許可されます。また、保健所等による健康確認の対象となります。

③誓約書の提出
・国籍を問わず検疫所へ「誓約書」の提出が必要です。誓約の内容は14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存、接触確認アプリの導入等になります。誓約書が提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機していただきます。

④スマートフォンの所持、指定アプリのインストール
・入国時、空港検疫で指定の位置情報確認アプリ等を利用できるスマートフォンの所持が必要です。
 ※スマートフォン不所持者は、スマートフォンを借り受けるよう求められます。
・お持ちのスマートフォンに、以下のアプリを事前にインストールおよび設定をする必要があります。
健康居所確認アプリ(MySOS等)/位置情報保存設定(GoogleMaps等)/COCOA(接触確認アプリ)

▽アプリ動作可能なOSバージョン
・iPhone端末:iOS13.5以上
・Android端末:6.0以上

⑤入国後14日間の待機期間中のルール
1.入国者健康居所確認アプリ(MySOS)による位置情報・健康状態の報告(毎日)
(1)ログイン(利用開始の登録)
・専用のQRコードからインストール
・日本国内の空港到着時、パスポート番号、生年月日を入力して利用開始
(2)待機場所の登録・現在地の報告
・待機場所に到着したらアプリで待機場所を登録
・1日複数回「現在の位置情報」を求める通知が届くので、「現在地報告」ボタンを押して応答
(3)健康状態の報告(MySOS)
・1日1回、健康状態確認をお願いするMySOSの通知が届くので、案内に従い健康状態を報告
2.入国者健康居所確認アプリ(MySOS)による居所確認(随時)
・入国者健康確認センターから登録待機先の居所確認のため着信があったら必ず応答(ビデオ通話)
3.スマートフォンの位置情報記録の保存設定(GoogleMaps等の設定)
・陽性となった場合など、保存された位置情報を保健所などに提示するために必要な設定
4.COCOA(接触確認アプリ)の利用

▼外国人の新規入国等の一時停止の継続
①ビジネストラックおよびレジデンストラックの一時停止
②全ての国・地域からの新規入国の一時停止
③全ての国・地域への短期出張からの帰国・再入国時における特例措置の一時停止

ポルトガルでの滞在情報
ポルトガル滞在情報テーブルのスクロール前アイコン
ポルトガル滞在情報テーブルのスクロール後アイコン
マスク ソーシャルディスタンス 店舗休業と施設制限
マスク ソーシャルディスタンス 店舗休業と施設制限
ストリート 必 要 必 要 な し
空港・駅 必 要 必 要 な し
公共交通車内 必 要 必 要 な し
ホテル 必 要 必 要 な し
レストラン 必 要 必 要 な し
カフェ 必 要 必 要 な し
ナイトクラブ 必 要 必 要 な し
    ✳︎ マスクやソーシャルディスタンスは緩い規制の国もあれば必須(不着用では入店できない事や逮捕・拘束)の場合もあります
    ✳︎ 休業については全業種・全店舗が対象という訳ではありませんのでご注意ください。
ポルトガルの新型コロナ感染状況・死亡者数および街中の様子

2021年3月以降、新規感染者数は1日あたり400人前後と落ち着いていたが、6月以降は増加傾向にあったが8月下旬から減少に転じている。
現時点では1日の新規感染者数は900人前後で減少している。

8月1日より段階的緩和措置の新方針が決定。感染度合いに応じて市別に適用していた現行措置とは異なり、大陸部全土で一律的に段階的緩和措置が適用された。
また8月20日に政府は、大陸部全土を対象とする「災害状態宣言」を「緊急状態宣言」に引き下げた。

現在施行されている段階的緩和措置の第2弾の概要は下記。
・飲食店舗における最大着席人数は、店内8人/テーブル、テラス15人/テーブル
・収容人数75%までの文化興業観劇の開催
・収容人数75%までの結婚式および洗礼式の開催
・公共交通機関における定員制限の撤廃
・行政サービス対面業務の予約制撤廃

ただし以下のケースでは、依然、陰性証明またはEUデジタル証明の提示が必要
・週末(金曜日19時以降含む)および祝祭日の飲食店舗での店内飲食
・スポーツジムでのグループレッスン
・空路および海路による移動時
・宿泊施設でのチェックイン時
・公衆浴場およびスパ
・カジノおよびビンゴ等の賭博施設
・各種文化・スポーツ・団体イベント(野外は1,000人以上、屋内は500人以上の場合)
・10人以上の結婚式および洗礼式

また、ポルトガル全土での制限に加えて個人レベルでの感染防止対策の徹底するよう喚起されている。
屋外でソーシャルディスタンスを保てない場合はマスクの着用を勧めている。
各自治体によっては就労者のテレワーク推奨や勤務ローテーションの調整による時差通勤、異なる昼食時間の設定などで接触機会を減らす措置をとっている。
国民に対し、公道でのマスクの着用およびコロナ感染接触アプリ「Stay Away」利用を強く推奨している。

新型コロナウィルス感染者数
感染者数(累計)
1,065,633
新型コロナウィルス死亡者数
死亡者数(累計)
17,947

日次感染者数推移データ

※出典:ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)
最終更新日時: 2021年09月24日

ポルトガルのみんなの旅行

あなたも#globalwifiをつけてInstagramに投稿しよう

Attention
/ 当サイトをご利用になる上での注意点

当サイト では、日本政府や各国政府、WHOや各機関からの様々な情報を独自で編集しております。情報は国ごとの政策や感染状況などの情勢により刻一刻と変化しております。なるべく最新情報に更新して参りますが、ご渡航の決定や航空券購入の際は、各国公的サイトや航空会社や旅行会社へご相談の上で行動されることをお勧めします。

また、例えば当サイト上で渡航が「可」でも新型コロナ以外の理由(紛争やテロ等)により渡航禁止であったり突然渡航延期勧告などが発令される場合もございますので、国ごとの最新渡航情報については外務省ホームページにて再度ご確認ください。万が一、当サイトの情報で出入国できないなどのトラブルがあっても当サイトでは一切責任を負いかねますので予めご了承ください。

3ヶ月予測は「新型コロナ × 海外旅行・海外出張情報サイト」 独自の見解・予測です。
各国への入国及び日本への出国・入国情報は、原則日本国籍の方を対象としております。予めご了承ください。

国旗

ポルトガル

国旗

ポルトガル