スロベニアの国旗

スロベニア

Slovenia

このページでは現在のスロベニアの出入国状況や感染状況、マスク着用の義務など現地の情報がご覧いただけます。
情報更新日: 2020年11月24日 15:07:58
(情報出典についてはこちらをご確認ください)

一部解禁
(緩い規制)

現在の渡航状況レベル

制限なし

3ヶ月後の渡航状況レベル
規制あり
海外からスロベニアへ入国 スロベニアへの入国

日本はグリーンにカテゴライズされており入国自体に制限はなく自主隔離も免除とされている。
入国後の地方自治体間の移動は、滞在場所までの移動に限定され、その後の地方自治体間の移動は禁止となっている。行動制限が厳しいので注意が必要。

規制なし
スロベニアから海外へ出国 スロベニアからの出国

制限なし

規制あり
スロベニアから日本への入国 スロベニアから日本への入国

(1)全ての人にPCR検査が実施され、結果が出るまで自宅・空港内のスペース・検疫所が指定した施設等で待機。(到着から検査結果が判明して入国するまでの所要時間は検査方法により変わり、唾液検査を採用している空港であれば2~3時間、鼻咽頭ぬぐい液検査の場合は1~2日程度)
(2)検疫におけるPCR検査の結果が陰性でも、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機が必要。また保健所等による健康確認の対象となる。
(3)空港等からの移動も含め公共交通機関の使用不可。
(4)入国後に待機する滞在先と空港等から移動する手段について検疫所に登録が必要。

スロベニアでの滞在情報
スロベニア滞在情報テーブルのスクロール前アイコン
スロベニア滞在情報テーブルのスクロール後アイコン
マスク ソーシャルディスタンス 休業や設備稼働制限
マスク ソーシャルディスタンス 休業や設備稼働制限
ストリート 必 要 必 要 一 部
空港・駅 必 要 必 要 一 部
公共交通車内 必 要 必 要 一 部
ホテル 必 要 必 要 一 部
レストラン 必 要 必 要 一 部
カフェ 必 要 必 要 一 部
ナイトクラブ 必 要 必 要 一 部
    ✳︎ マスクやソーシャルディスタンスは緩い規制の国もあれば必須(不着用では入店できない事や逮捕・拘束)の場合もあります
    ✳︎ 休業については全業種・全店舗が対象という訳ではありませんのでご注意ください。
スロベニアの新型コロナ感染状況・死亡者数および街中の様子

2020年3月4日に最初の感染者が確認された。
3月20日より移動制限措置が発令され、公共の場における複数名の移動および集会が禁止された。
5月には一時収まり各規制が緩和されたが、9月に入り新規感染者が過去最大を更新し続けており、10月に入っても感染拡大に歯止めがかからない状況。
また感染者との接触の有無等の確認ができるアプリ「OstaniZdrav」が利用されている。

過去14日間における10万人あたりの感染者数および医療機関における患者数等の指標を基に、国内の感染状況をグリーン、オレンジ、レッドの3フェーズに分け、さらにそれぞれが状況に応じて3段階に分けられている。
10月23日より、スロベニア全域がレッド地域に指定された。
また10月19日、スロベニア全域を対象に「新型コロナウイルスの流行宣言」が発動されているが、第2波に直面する中国内全土において感染拡大が続いているとして12月17日までの30日間へ延長となった。

現在の制限措置は以下の通り。
▼店舗等の営業制限
11月16日より、生活等に最低限必要な店舗以外は閉鎖される。営業が許可されるのは下記の店舗・サービス等。
・農産物の販売を含む、主に食品、パーソナルケア、クリーニング用品を販売する店舗(ただし、これらの店舗での衣料品、靴、技術用品の販売を除く)
・薬局
・医療および整形外科関連の店舗
・市場
・農業に関する店舗・ガソリンスタンド
・銀行および保険サービス
・配達サービス
・自動車と自転車の修理とメンテナンスのためのサービス(タイヤ修理、自動車整備、車体塗装、車体および自転車修理店)
・煙突掃除
・建設現場
・新聞や雑誌の販売のための新聞販売店やキオスク
・午前6時から午後9時までの、消費者との接触が最小限に抑えられる収集ポイントでの商品または食品の引渡し(テイクアウト等)
・安全と健康を確保するための緊急サービス

▼公共交通機関の運行縮小
11月16日より、公共交通機関(バス、電車等)の運行が停止。

▼集まり・集会の制限
これまで公共の場における集まり・集会にかかる人数制限が上限6名まで可能とされていたが、11月13日より、家族等生計を共にする者との集まり・集会以外は、レセプションや結婚式等を含め、全て不可。

▼移動制限
スロベニア政府は移動制限にかかる政令を改定し、移動制限の例外事項を追加。
同変更は10月23日より適用。
夜間移動制限時間(午後9時~午前6時)の例外事項に追加された概要は以下の通り。
・飲食物、医薬品および生活必需品のデリバリー(テイクアウトは不可)
・スロベニアを通過するトランジット目的の移動、外国から帰国した際の国内居住地への移動

地域間移動制限の例外事項が、以下のとおり追加
・スロベニアを通過するトランジット目的の移動、外国から帰国した際の国内居住地への移動
・既に例外事項である親族の訪問について、家族の介護等を目的とした訪問に加え親による子ども等への訪問も可能

新型コロナウィルス感染者数
感染者数(累計)
65,308
新型コロナウィルス死亡者数
死亡者数(累計)
1,052

日次感染者数推移データ

※出典:ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)
最終更新日時: 2020年11月23日 19:25:26

スロベニアのみんなの旅行

あなたも#globalwifiをつけてInstagramに投稿しよう

Attention
/ 当サイトをご利用になる上での注意点

当サイト では、日本政府や各国政府、WHOや各機関からの様々な情報を独自で編集しております。情報は国ごとの政策や感染状況などの情勢により刻一刻と変化しております。なるべく最新情報に更新して参りますが、ご渡航の決定や航空券購入の際は、各国公的サイトや航空会社や旅行会社へご相談の上で行動されることをお勧めします。

また、例えば当サイト上で渡航が「可」でも新型コロナ以外の理由(紛争やテロ等)により渡航禁止であったり突然渡航延期勧告などが発令される場合もございますので、国ごとの最新渡航情報については外務省ホームページにて再度ご確認ください。万が一、当サイトの情報で出入国できないなどのトラブルがあっても当サイトでは一切責任を負いかねますので予めご了承ください。

3ヶ月予測は「新型コロナ × 海外旅行・海外出張情報サイト」 独自の見解・予測です。
各国への入国及び日本への出国・入国情報は、原則日本国籍の方を対象としております。予めご了承ください。

国旗

スロベニア

国旗

スロベニア