陰性証明書とは?

新型コロナウイルスPCR検査の結果が陰性であったことを示す書類が、「陰性証明書」と言われるものです。
陰性証明書は下記の3つに分けられます。

検査会社が発行
する結果用紙

検査日や陰性の結果が
記載されています。

診断書

病院/クリニック・医師の
サインが入っています。

渡航証明書

渡航先の国に合わせた
診断書です。

求められている陰性証明書の内容を正確に
把握し
条件を満たした陰性証明書の取得を
行いましょう。

陰性証明書は必ず必要?

会合への参加や業務上の指定など陰性証明書の提出が求められている場合は必要ですが、新型コロナウィルスに感染しているかどうかの確認のみや、陰性証明書の提出が求められていない場合は必要ありません。

必要とされる例

会議

会合や重要な会議に参加する
際に提出を求められた

施設

スポーツ観戦や屋内施設へ入る
条件に指定されていた

海外渡航

海外渡航する際、入国する条件
に指定されている

必要とされない例

帰省

帰省する前にPCR検査を受診

会社

会社からPCR検査の受診の指示
は出たが、証明書の提出は不要
だった

検査

自主的にPCR検査を受診

ご紹介している内容はあくまで多くあるケースです。
陰性証明書の提出が求められている場合は必要となりますのでご注意ください。

陰性証明書は「求められている場合」
のみ必要です。

陰性証明書の取得について

海外渡航用と日本国内用で取得までの
手順やルールが異なる所があります。
下記にてそれぞれまとめていますのでご覧ください。